思い出したこと

思い出したこと

昨日のテレビで小松美羽さんが出ていた。
私は彼女が好きで

作品ももちろんなんだけど
綴る言葉も大好きで。

世界の中で自分の役割を見つけることという本を買って

以前読んだのですが

もう一度読み返してみると

涙が止まらなくてですね

以前買ったときは、膨大な「何か」に追われていたときだったので

頭に入ってこなかった箇所が

一気に流れ込んでくるような
感覚になりました

作品を捨てた思い出

番組で美羽さんが過去に自分の作品が理解されずに捨てたことがある

という思い出を語っていて

自分のお気に入りの作品を自分の手で捨てる

ということについて

番組を見終えて、夜中に本を読んでいた時に痛烈に思い出したことがありました

 

私も小学校3年生の時に

図工で動物の焼き物をつくり

「チャウチャウ」を作ったこと

上薬が焼き終えたら混ざり合って

「気持ち悪い」

「なにこれ」

と言われて

とても恥ずかしくなったこと

その時の担任の先生が

私の作品を気に入ってくれて

渡り廊下のガラスケースに入れてくれたこと

その後も「気持ち悪い」と

ガラスケースの前を通るたび言われて泣きたかったこと

返却された時に

持ち帰らずに学校の焼却炉に捨てたこと

そんなことを思い出しました

 

あの時の私へ

小さかった私は

「気持ち悪い」という

周りの感想を受け止めきれませんでした。

自分が作り出した作品

ふわふわのチャウチャウに抱きついてみたくて

一生懸命作った作品だった

あの時私は「悲しかった」んだ

入れてくれたガラスケースも割ってしまいたいくらいに

番組で美羽さんが

「気持ち悪い」と思われることは

誰かの感情を動かしたということ
だからすごいことなんだ

と話していて

全ての感情はあっていいことなんだと改めて思って

分かっていたつもりでも
なんだかとっても新鮮で

潔くて

清々しくて

こうありたいと

そう思って

そしてそう伝える人でいたいと思って。


大人になってからこのエピソードを思い出すということは

なんだかとっても新鮮で
とにかく新鮮で!

あの時の私に伝えてあげたいなと

まだまだ蓋をしていた自分の感情に気がついて

宝物に出会ったような気持ちになりました。

悲しかった過去の自分に「こんにちは」そして「さようなら」と
ちゃんと言ってあげた気持ちに
なったのです

自分の作品は
気持ち悪くても
「そのままでいい」
ということ

きっと私の担任の先生も

同じように小さい頃の私に
「この作品素敵だよ』と伝えていてくれたんだろうなと思い出しました

あのときは受け取れなかった言葉

素直になれずに

大好きだった先生

美術の先生で、小学校3年生の担任の後、別の学校に赴任され
中学校2年生でもう一度担任になって驚いた先生

渡り廊下に飾ってもらって
ありがとうと言えなかったこと

そんなことを思い出しました

誰かの「好き」なんて

本当にあてにならないから

誰かが一生懸命発した表現に
成績をつけることはやっぱり好きじゃないけど(笑)

どう思ったっていいんだから

どう表現したって自由なんだ

そのままでいい

ヘイトスピーチにも負けないように

周りには一生懸命愛情もって伝えていこうと思うのです

そのままでいいよー

自分に正直に

表現したことは捨てちゃダメだと思ったんです

シャッターを切る感覚も

「この人が好きな感じ」ばかりに捉えられていないで

自分の好きな時間も必ず入れて

押し込めずに表現していきたいと

そう感じました

「気持ち悪い」と言われて

捨ててしまった自分の作品は実は何個もあって

高校の時に描いた絵も

思い出すってことはきっとすごく自分では気に入っていた絵だったんだ

過去に捨ててしまった自分の作品をもう一度ギュッとしたい

その時の感覚はその時にしかないから

子供の作品も丸ごととっておける

広いアトリエが欲しい(笑)

SCRAPPY生まれたてプランおすすめです❤︎

SCRAPPY 生まれたてプランはアクセサリー作家n9.さんと歯固めジュエリーtamaluluさんとのコラボプランです。
世界にたったひとつの贈り物をお届けします。
お祝いにもぴったりのプランです。
看護師をしながらフォトグラファーをしているSCRAPPY KEIKOが赤ちゃんと過ごす大切な1日を撮影させていただきます。

Author: scrappykeiko

看護師をしながら、クラフト作家講師、フォトグラファーとして活動中。趣味でスクラップブッキングをしていたが、ホームクラスを開講し作家・講師となる。作品を作る中、作品作りに欠かせない写真を学び始める。家族写真をとっている中で日常の一瞬一瞬が大切なことを実感し、こどもとかめら養成スクール卒業後、出張撮影フォトグラファーとしての活動を始める。1日をドキュメンタリー形式に撮影するスタイルが好評。看護師経験を生かした家族の気持ちに寄り添った撮影を心がけている   ・ORGANIC LIFE TOKYO 2018 Kimiko Sakamoto先生クラス撮影 ・都筑公会堂 西野亮廣氏講演会撮影 ・ミスユニバースジャパン福島キャンプ officialトレーナーNaomi Kunihiro先生クラス撮影 ・CP+2018 株式会社アスカネット様 株式会社DNPフォトイメージングジャパンさま出店ブースにて こどもとかめら卒業生プロジェクトフォトブック展示 その他 イベント撮影、七五三撮影、結婚式撮影、ニューボーン撮影、出張家族写真、発表会撮影、店舗撮影、ホームページイメージ撮影、テキスト用イメージ撮影、ライブハウス撮影 など イベント参加 なないろフェスタ、赤レンガクリスマスマーケット など